宮城のニュース

<楽天>オリックスに5−4 茂木決勝打、牧田3年ぶり勝利

8回東北楽天無死一塁、茂木が右中間へ勝ち越しの適時三塁打を放つ(坂本秀明撮影)

 東北楽天は連敗を4で止めた。4−4の八回、茂木の適時三塁打で勝ち越した。
 打線は3点を追う四回、浅村と内田の適時打で2点。2−4の五回には島内の中前適時打などで追い付いた。
 先発藤平は一回無死二塁、危険球で退場。緊急登板した安楽が宗の右前適時打などで3点を失った。6番手で登板した牧田が日本球界復帰後初で3年ぶりの勝利を挙げ、ブセニッツが来日2年目で初セーブ。
 オリックスの連勝は4でストップした。

 東北楽天−オリックス9回戦(オリックス5勝3敗1分け、17時01分、楽天生命パーク宮城、2,491人)
オリックス300010000−4
東北楽天 00022001×−5
▽勝 牧田16試合1勝
▽S ブセニッツ13試合1勝1S
▽敗 ヒギンス11試合1勝1敗
▽本塁打 吉田正7号(1)(宋家豪)


2020年07月27日月曜日


先頭に戻る