宮城のニュース

田代被告の控訴を棄却 仙台高裁

 自宅で覚醒剤を使用したなどとして、覚醒剤取締法違反などの罪に問われたタレント田代まさし(本名政)被告(63)=東京都杉並区=の控訴審判決で、仙台高裁は29日、懲役2年6月、うち6月を保護観察付き執行猶予2年とした仙台地裁判決を支持し、被告の控訴を棄却した。
 秋山敬裁判長は、被告が過去に複数回、薬物犯罪で有罪判決を受けた経緯に触れ「薬物への親和性や依存性は根深い」と指摘。一審判決は更生意欲も考慮していたとして、刑の一部執行猶予を適用した量刑は妥当だと判断した。
 弁護側は、一審判決後に保釈された被告が薬物依存症のリハビリに取り組み更生に努めているなどとして、全ての刑の執行を猶予するよう求めていた。
 判決によると、被告は昨年11月6日、東京都内の当時の自宅などで覚醒剤と大麻を所持し、同日ごろ、覚醒剤を使用した。


関連ページ: 宮城 社会

2020年07月30日木曜日


先頭に戻る