宮城のニュース

<高校野球代替大会>仙台育英と仙台が決勝へ

 東北地区高校野球宮城大会は30日、石巻市民球場で準決勝2試合があり、仙台育英と仙台が決勝に進んだ。
 第1シードの仙台育英は投打で隙を見せず仙台一を7−1で下した。仙台は主戦鎌田が東陵・佐藤柳との投げ合いを制し、4−1で振り切った。
 31日は休養日。決勝は8月1日午前10時から仙台市宮城野区の楽天生命パーク宮城である。優勝校は東北大会(同9〜11日)に出場する。

▽準決勝(石巻市民)
仙台育英 7−1 仙台一
仙台 4−1 東陵

▽決勝(8月1日、楽天生命パーク宮城)
仙台育英 ― 仙台 10時


2020年07月31日金曜日


先頭に戻る