宮城のニュース

高校野球宮城大会支援に252万円 ファンがCF主催 県高野連に報告

目録を手渡す庄子さん(右)

 宮城県内の高校野球ファンが立ち上げた大会支援のクラウドファンディング(CF)に、7月29日までに252万円の寄付が集まった。支援金は県高野連が各校に配布したスポーツマスクの費用などに充てられる。
 主催した仙台商野球部OBの庄子康一さん(47)=仙台市若林区=が1日、県高野連に報告した。大会で使った試合球などが返礼品になる。庄子さんは「この夏に野球をしたことは貴重な経験になる。球児にはこの経験を胸に歩んでいってほしい」と話した。


2020年08月02日日曜日


先頭に戻る