宮城のニュース

<楽天>投打かみ合い零封勝ち 島内先制打 内田満塁弾

1回東北楽天2死、内田が中越えに満塁本塁打を放つ

 東北楽天は投打がかみ合い、零封勝ちした。
 一回、鈴木大と茂木の連打で2死一、三塁とし、島内の中前適時打で先制。さらに満塁とし、内田の中越え本塁打で突き放した。六回は、2死満塁から浅村の左中間3点二塁打でダメ押しした。先発塩見は7回3安打無失点と好投。二、三、五回は先頭打者を出すも、いずれも併殺を奪って勢いを断った。
 ロッテは先発種市が六回途中12安打8失点と乱調だった。

ロッテ−東北楽天11回戦(東北楽天8勝3敗、17時00分、ZOZOマリンスタジアム、4,967人)           
東北楽天500003000−8
ロッテ 000000000−0 
▽勝 塩見6試合2勝3敗   
▽敗 種市7試合3勝2敗   
▽本塁打 内田5号(4)(種市) 


2020年08月02日日曜日


先頭に戻る