広域のニュース

高校野球東北大会の組み合わせ決定 仙台育英×一関学院、鶴岡東×青森山田

 宮城県高校野球連盟は2日、県内で開催される硬式と軟式の東北地区高校野球大会(9〜11日)の組み合わせを発表した。
 硬式は宮城代表の仙台育英が一関学院(岩手)と対戦することが決まった。各県の優勝校6校が出場し、決勝は11日にある。会場は石巻市民球場。福島の代表校は7日に決まる。
 新型コロナウイルスの影響で夏の甲子園大会と予選に当たる地方大会が中止となり、独自の大会として開かれる。都道府県をまたいだブロック単位の大会が開催されるのは全国で東北のみ。
 軟式も硬式と同じ6校によるトーナメントで、準決勝までは鹿島台中央野球場で行い、11日の決勝のみ石巻市民球場で開催する。
 原則無観客で行われるが、3年生部員の保護者らは入場できる。


2020年08月03日月曜日


先頭に戻る