宮城のニュース

アイリスオーヤマ、過去最多の640人採用 来春新卒採用枠を大幅に拡大

 アイリスオーヤマは4日、2021年春の新卒採用枠を当初計画の400人から過去最多の640人へ増やすと発表した。新型コロナウイルスの影響で新卒採用計画を縮小する企業が相次ぐ中、事業拡大への対応強化と併せて雇用を一気に創出する。
 総合職中心の大卒を200人から270人、通販事業や事務中心の高卒を200人から370人に拡大する。留学生やアスリートの採用にも柔軟に対応するため、今年7月から通年採用も取り入れた。
 アイリスは新型コロナ下で通販事業のほか、巣ごもり需要を受けて調理家電やテレビなどの販売が好調。マスクの国内生産を始め、AI(人工知能)カメラなど新規事業への参入も続ける。20年度のグループ28社の売上高見通しは6000億円(前年度比2割増)から7000億円(4割増)に引き上げたという。
 アイリスの担当者は「多くの優秀な学生に来てもらい、将来的な組織強化を図るための大規模な拡大になった」と説明する。


関連ページ: 宮城 経済 新型コロナ

2020年08月05日水曜日


先頭に戻る