宮城のニュース

仙台で2人感染、宮城は計176人に

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 仙台市は4日、介護老人保健施設「ハート五橋」(青葉区)に勤務する20代女性職員と、台原デイサービスセンターの利用者家族の50代無職男性が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。入院するが重篤ではない。市内の感染確認は計136人、宮城県内は計176人となった。
 市によると、20代女性は施設を運営する医療法人財団あおば会の職員。7月31日に発熱があり、8月3日にせきや胸の痛みの症状が表れた。1人暮らし。少なくとも30日は出勤した。
 ハート五橋の定員は入所100人、通所30人。30日の入所者は93人。計64人のスタッフが勤務する。女性は県外への移動歴がない。市は勤務状況を調べる。
 50代男性は2日に陽性が判明した80代女性利用者の濃厚接触者で同居家族。3日に帰国者・接触者外来を受診後、発熱の症状が表れた。センターの感染者10人の濃厚接触者は計56人のうち8人が陽性、46人が陰性と分かり、2人の検査結果が5日以降に判明する。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年08月05日水曜日


先頭に戻る