宮城のニュース

<楽天>浅村、逆転2ラン 首位ソフトバンク制す

8回東北楽天2死一塁、浅村が逆転2ランを放つ。捕手甲斐(川村公俊撮影)

 東北楽天が逆転勝ち。4−6の八回にブラッシュの左前適時打、浅村の14号2ランで3点を奪い、試合をものにした。
 打線は一回、先頭小深田が三塁打で出塁し、内野ゴロの間に生還した。五回はブラッシュ、七回はロメロが適時打を放ち、追い上げた。
 先発弓削は5回5失点(自責点3)。3番手宋家豪も七回に左犠飛で失点した。八回に登板した4番手津留崎がプロ初勝利。
 ソフトバンクは救援陣が誤算だった。

 東北楽天−ソフトバンク7回戦(ソフトバンク4勝3敗、18時01分、楽天生命パーク宮城、3,442人)
ソフトバンク310010100−6
東北楽天  10011013×−7
▽勝 津留崎11試合1勝
▽S ブセニッツ16試合1勝3S
▽敗 モイネロ21試合1敗1S
▽本塁打 バレンティン8号(1)(弓削)浅村14号(2)(モイネロ)


2020年08月05日水曜日


先頭に戻る