宮城のニュース

不明の女子生徒2人の遺体発見 宮城・柴田の白石川

 宮城県柴田町下名生の白石川で6日、水遊びをしていた同町槻木中1年の女子生徒2人が流されて行方不明となった事故で、宮城県警などは7日午後、現場の白石川で女子生徒2人の遺体を発見した。
 県警大河原署によると、県警のダイバーが7日午後2時前、白石川の白幡橋南側10メートルで2人の遺体を発見。川のほぼ中央付近で、2人ともほぼ同じ場所の水深約1・5メートルの川底に沈んで見つかった。同署が死因などを調べている。


関連ページ: 宮城 社会

2020年08月07日金曜日


先頭に戻る