宮城のニュース

仙台で感染入院患者1人が重症化

 仙台市は7日、現在入院中の新型コロナウイルス感染者1人が、重症化していることを明らかにした。年代や性別、陽性判明日などの詳細は公表しない。市が感染を確認した患者で重症化したのは初めて。
 市によると、県内の医療機関に入院する患者16人のうち、1人の症状が悪化した。人工呼吸器か人工心肺装置「ECMO(エクモ)」が必要な状態という。
 一方、職員と利用者の2人が感染した介護老人保健施設「ハート五橋」(青葉区)は検査対象の計168人のうち、新たに入所者49人が陰性と確認された。
 市内の新規感染者は7月26日以来、12日ぶりにゼロだった。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年08月08日土曜日


先頭に戻る