岩手のニュース

高台の町 祭りの鼓動 陸前高田でけんか七夕代替催し

トラックで市内を巡りながら披露されたけんか七夕の太鼓=7日午後7時10分ごろ、陸前高田市

 東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県陸前高田市で7日夜、「気仙町けんか七夕祭り保存連合会」のメンバーが地域を回って祭りばやしを披露した。新型コロナウイルスの影響で今夏は祭りを中止したため、住民に祭り気分を少しでも味わってもらおうと企画した。
 リヤカーに載せた太鼓をたたきながら高台を切り開いて造った新たな住宅地を巡回。にぎやかなリズムに誘われた住民たちは沿道や庭先から見守った。
 連合会の佐々木冨寿夫会長(67)は「やっぱり祭りがないと夏は終われない。来年は倍返しで盛り上げる」と笑顔を見せた。


関連ページ: 岩手 社会 新型コロナ

2020年08月08日土曜日


先頭に戻る