宮城のニュース

<マイナビ仙台>終盤追い付き連敗止める

仙台―INAC神戸 後半44分、同点ゴールを決め、喜んで駆けだす仙台・浜田(左)(鹿野智裕撮影)

 第4節第2日は9日、宮城県利府町の県サッカー場などで行われ、マイナビベガルタ仙台レディース(仙台)はINAC神戸と2−2で引き分け、開幕からの連敗を3で止めた。順位は最下位で変わらず。

マイナビ仙台(1) 2 0―1 2 INAC神戸(10)
            2―1
▽得点者【マ】池尻茉(PK)浜田【I】田中、岩渕(PK)
▽観衆 388人

 仙台が終盤に追い付き、連敗を3で止めた。0−2の後半18分、池尻茉がPKを決めて反撃。ハイプレスからのショートカウンターでINAC神戸の守備を崩し、44分に左クロスを浜田がゴールに押し込んだ。今季初先発の浜田が相手DFの背後を取る動きが光った。


2020年08月10日月曜日


先頭に戻る