宮城のニュース

<楽天>2度目の零敗 福井、好投も報われず

6回途中2安打と好投した東北楽天先発の福井(藤井かをり撮影)

 東北楽天は打線がつながらず、今季2度目の零敗を喫した。
 先発福井は五回まで1安打に抑える好投。六回2死一、三塁のピンチで降板すると、救援した2番手宋家豪の暴投で1失点した。八回は4番手酒居が柳田にソロ、九回は5番手津留崎が甲斐に3ランを浴びた。打線は五回無死一、三塁など少ない好機を生かせなかった。
 ソフトバンクは同率首位に再浮上した。2番手板東が4回無失点で2勝目。

東北楽天−ソフトバンク12回戦(6勝6敗、17時00分、楽天生命パーク宮城、4、562人)
ソフトバンク000001013−5  
東北楽天  000000000−0
▽勝 板東6試合2勝1敗   
▽敗 福井2試合1敗  
▽本塁打 柳田12号(1)(酒居)甲斐4号(3)(津留崎)


2020年08月10日月曜日


先頭に戻る