岩手のニュース

盛岡さんさ踊り、オンラインで躍動の舞 市内でPVも

さんさ踊りの動画が映し出された盛岡市大通の大型スクリーン=1日

 新型コロナウイルスの影響で中止になった「盛岡さんさ踊り」が、オンライン上で開催された。さんさ踊りの実行委員会に加わる盛岡青年会議所(JC)が「withコロナバージョン」として企画した。
 岩手県内外の約30団体から演舞の動画を募り、1日から公式ホームページ(HP)で一斉配信。JR盛岡駅など市内3カ所でパブリックビューイングを実施した。 市中心部の大通商店街で観覧した市内の横田大輔さん(34)は「本来なら祭りがあった日なのに街が静かで寂しかった。さんさを感じられてうれしい」と話した。
 HPは配信開始直後からアクセスが集中し、途中でサーバーが一時ダウンした。盛岡JCの担当者は「予想以上の反響があり、見られなかった方には申し訳ない。来年はさんさ踊りが開催できるようになってほしい」と話した。


関連ページ: 岩手 社会 新型コロナ

2020年08月10日月曜日


先頭に戻る