広域のニュース

<高校野球東北大会>鶴岡東が準決勝へ

鶴岡東―青森山田 14三振を奪う力投を見せた青森山田先発の小牟田

 東北6県の高校野球独自大会の優勝校で争う東北地区高校野球大会が9日、宮城県で開幕した。硬式は石巻市民球場で1回戦1試合があり、鶴岡東(山形)が4−1で青森山田を退け準決勝に進出した。仙台育英−一関学院(岩手)は雨のためノーゲームとなった。
 10日は延期となった仙台育英−一関学院と、鶴岡東−聖光学院(福島)の準決勝が同球場である。
 鹿島台中央野球場(大崎市)で9日予定されていた軟式の2試合は雨で順延となった。

 ▽1回戦
仙台育英(宮城)
   00
   10
一関学院(岩手)
(2回終了降雨ノーゲーム)

鶴岡東(山形)
   000001201−4
   000000010−1
青森山田(青森)


2020年08月10日月曜日


先頭に戻る