宮城のニュース

トーキン白石事業所の工場で配管ダクト焼ける

 10日午前9時50分ごろ、白石市旭町7丁目、トーキン白石事業所から出火、約4時間後に鎮火し、稼働中の工場の配管ダクト約10平方メートルが焼けた。白石署によると、工場は鉄筋コンクリート2階の延べ床面積約6800平方メートルで、トルエンなどを扱っていた。同署が原因を調べている。


関連ページ: 宮城 社会

2020年08月11日火曜日


先頭に戻る