秋田のニュース

お堀に大輪のハスびっしり 秋田・千秋公園

ハスの花で埋め尽くされた千秋公園の堀
大輪のハスの花に道行く人は思わず足を止めていた=11日

 秋田市中心部の千秋公園でハスの花が見頃を迎えた。公園入り口にある「大手門の堀」には、淡いピンクや白の花が広がり、市民らを楽しませている。
 市公園課によると例年同様、6月下旬から咲き始めた。夏の日差しを浴びて大きく成長した葉は堀を埋め尽くし、大輪の花が鮮やかに咲き誇る。
 風が吹くとかすかに甘い香りが漂い、通り掛かった人たちは思わず足を止め、写真を撮るなどしていた。最盛期はお盆ごろで、9月上旬まで鑑賞できる。
 22日には、市内のNPO「秋田千秋はすの会」による公園散策やハスでできた「ハス茶」を試飲できるイベントがある。


関連ページ: 秋田 社会

2020年08月11日火曜日


先頭に戻る