宮城のニュース

ヒマワリ180万本咲く 宮城・山元

見頃を迎えたヒマワリ畑
見頃を迎えたヒマワリ畑

 東日本大震災で被災した宮城県山元町沿岸部の農地でヒマワリ約180万本が咲き誇っている。夏の日差しを浴びた黄色の大輪が青空と白い雲の下で映える。
 ヒマワリ畑は県道相馬亘理線の東側約5.5ヘクタール。散策路が設けられ、摘み取りもできる。子どもと友人家族の計6人で訪れた宮城県名取市の主婦天久麗香さん(37)は「夏を感じられ、とてもきれい。摘み取って自宅で飾りたい」と話した。
 新型コロナウイルスの影響で町主催の「やまもとひまわり祭り」は中止となったが、耕作する農業生産法人「やまもとファームみらい野」が駐車場を整備しており見学できる。


関連ページ: 宮城 社会

2020年08月12日水曜日


先頭に戻る