宮城のニュース

NTTかたるSMSご用心! 特殊詐欺急増、被害2265万円

 NTTファイナンス(東京)をかたり、未納の利用料金名目で現金をだまし取る特殊詐欺が宮城県内で急増している。携帯電話のSMS(ショートメッセージサービス)を使う手口で、県警によると、3月以降に15件約2265万円の被害が出ている。
 10日午後1時半ごろ、宮城県亘理町の男性会社員(60)のスマートフォンに「利用料金の確認が取れていない」というSMSが届いた。男性が記載の番号に電話すると、男から現金約30万円を要求され、男性は美里町のスーパーにある現金自動預払機で振り込んだ。
 翌11日にも電話で約70万円を追加要求されたため、不審に思った男性が遠田署に相談し、発覚した。県警によると、同様の手口で電子マネー番号を詐取したり、宅配便で現金を送らせたりすることもあるという。
 NTTファイナンスは「SMSで料金を請求することはない」と注意を呼び掛けている。


関連ページ: 宮城 社会

2020年08月13日木曜日


先頭に戻る