宮城のニュース

つなぐ、楽しむ、東北の夏祭り 16日までブランチ仙台

仙台七夕まつりの吹き流しや盛岡さんさ踊りの衣装が展示されている
祭りの雰囲気を楽しむ親子連れ

 新型コロナウイルスの影響で中止となった東北6県の六つの夏祭りの雰囲気を味わえる「東北夏祭り展」が、仙台市泉区の複合商業施設「ブランチ仙台WEST」で開かれている。16日まで。
 仙台七夕まつりの吹き流しや盛岡さんさ踊りの衣装、青森ねぶた祭のミニねぶたなどが並ぶ。過去の祭りの様子を撮影した動画も放映され、会場ににぎやかさを添えている。
 NPO法人まちづくりスポット(泉区)の主催。法人職員岩間友希さん(36)は「東北の夏祭りが継承されるよう、子どもたちに各県の祭りを知ってほしい」と語る。
 母親と訪れた泉区の佐々木結未(むすび)ちゃん(3)は「さんさ踊りの衣装がお姫さまみたいでかわいかった。いつか祭りに行ってみたい」と話した。
 入場無料。午前9時半〜午後5時半。


関連ページ: 宮城 社会 新型コロナ

2020年08月13日木曜日


先頭に戻る