宮城のニュース

東北楽天、西武に6−2で連勝 涌井が負けなし7勝目

7回途中2失点で7勝目を挙げた東北楽天の涌井

 東北楽天が投打に上回って快勝し、2連勝。涌井は緩急をつけた巧みな投球で七回途中までを2失点にまとめ、リーグトップの7勝目を挙げた。
 打線は太田が二回に先制打を放つと、四回にも2ランで計3打点の活躍。七回は茂木の適時打と島内の2点三塁打で計3点を加え、ダメ押しした。
 西武は中盤まで毎回のように走者を出したものの3併殺と攻め切れず、4年ぶりの6連敗。借金が7に膨らんだ。

 西武−東北楽天7回戦(東北楽天5勝2敗、18時01分、メットライフドーム、4,670人)
東北楽天010200300−6
西  武000000200−2
▽勝 涌井8試合7勝
▽敗 伊藤6試合1敗
▽本塁打 太田2号(2)(伊藤)森5号(1)(涌井)メヒア4号(1)(涌井)


2020年08月13日木曜日


先頭に戻る