宮城のニュース

帰省・観光客への嫌がらせやめよう 女川町がポスター

コロナ差別の防止を呼び掛けるポスターを貼り出す職員=女川町役場

 お盆で帰省客や観光客が増える中、宮城県女川町は新型コロナウイルス感染者に対する差別や県外ナンバー車両への嫌がらせの防止を訴えるポスターとチラシを作った。
 会員制交流サイト(SNS)上で感染者の特定やデマを流すのをやめるよう呼び掛け、他県ナンバー車両へのいたずらや暴言が犯罪に当たる場合があることなど注意を促す内容。ポスターは公共施設や商業施設に貼り出し、町の全世帯にチラシ2697部を配った。
 町内で感染者は確認されていないが、県外ナンバー車両への幅寄せ駐車や町外から訪れた釣り客への中傷があったという。
 町健康福祉課の担当者は「新型コロナは誰でも感染する可能性がある。感染者や県外客を差別せず、冷静な行動を心掛けてほしい」と話している。


2020年08月15日土曜日


先頭に戻る