宮城のニュース

長町に新たな保育所 学習塾経営の仙台進学プラザが来年4月開園

来年4月に開園する「ぷらざ保育園長町」のイメージ図

 学習塾経営の仙台進学プラザ(仙台市)は、太白区長町6丁目に定員100人の保育所「ぷらざ保育園長町」を新設する。来年4月の開園を予定し、29日から市内で保護者説明会を開く。
 平日は午後8時までの延長保育にも対応する。園庭は1階に0〜1歳児向け、2階には2歳児以上向けをそれぞれ設け、安全を確保しながら成長に応じて遊べるようにする。
 乳幼児期から英語に親しむプログラムや、4歳以上を対象とした論理的思考力を鍛えるパズル遊びなどの教育手法も取り入れる。
 同社の保育所は名取市の「ぷらざ保育園名取」に次いで2カ所目。保育事業部の担当者は「子育て世代が増え、待機児童も多い長町地区の保育需要に対応したい」と話している。
 保護者説明会は同社の「ぷらざ保育園」のホームページから参加を申し込める。


関連ページ: 宮城 経済

2020年08月15日土曜日


先頭に戻る