宮城のニュース

一力八段、新碁聖に 囲碁七大タイトル、宮城出身者で初

一力遼新碁聖

 囲碁の羽根直樹碁聖(44)に一力遼八段(23)=仙台市出身=が挑戦していた第45期碁聖戦5番勝負の第3局は14日、東京都千代田区の日本棋院で打たれ、160手で一力八段が白番中押し勝ちし、3連勝で初の碁聖を奪取した。一力新碁聖の七大タイトル獲得は初めて。

 宮城県出身者が七大タイトルを獲得するのは初めて。東北では第23期天元(1997年)の工藤紀夫九段(弘前市出身)以来、23年ぶりで、第10期王座(62年)の故宮下秀洋九段(福島県出身)を含め3人目。
 一力新碁聖は5歳の頃に囲碁を始め、2010年、13歳でプロ入りした。14年に若手の国際棋戦、第1回グロービス杯世界囲碁U−20で優勝。七大タイトルの棋聖、王座、天元への挑戦実績があり、NHK杯などで優勝している。正確な読みを武器に戦いで強さを発揮する。
 最終局となった第3局は一力新碁聖が手厚く打ち回し、押し切った。
 持ち時間各4時間のうち、残りは一力新碁聖2分、羽根前碁聖は1分。
 碁聖戦は河北新報社など新聞囲碁連盟と日本棋院、共同通信社などが主催している。


関連ページ: 宮城 社会

2020年08月15日土曜日


先頭に戻る