宮城のニュース

<楽天>辰己、8回6号ソロ 9回に同点打

9回東北楽天2死三塁、辰己が中前に同点打を放つ

 東北楽天が終盤に追い付き、引き分けた。
 0−3の八回、辰己の左中間ソロで1点を返し、なお1死一、二塁と攻め、茂木の右前適時打で1点差に。2−3の九回は2死三塁から辰己の中前適時打で同点とした。先発塩見は6回3失点と試合をつくった。七回以降は酒居、シャギワ、ブセニッツ、牧田と継投し、無得点に抑えた。
 西武は2番手ギャレット、3番手増田が失点し、逃げ切れなかった。

 西武−東北楽天10回戦(東北楽天6勝3敗1分け、18時00分、メットライフドーム、4,677人)
東北楽天0000000210−3
西  武3000000000−3
(延長10回裏終了、規定により引き分け)
▽本塁打 メヒア6号(2)(塩見)辰己6号(1)(ギャレット)


2020年08月16日日曜日


先頭に戻る