宮城のニュース

一力碁聖を特別表彰 宮城県知事「偉業達成は見事」

一力遼碁聖

 囲碁の一力遼八段(23)=仙台市出身=が宮城県出身者として初となる七大タイトルの碁聖を獲得したことを受け、村井嘉浩知事は17日の定例記者会見で、文化・スポーツなどで活躍した県関係者をたたえる「特別表彰」を贈ると発表した。授与式の日程を調整している。
 村井知事は、史上最年少での新人王獲得などの実績に触れ、「偉業達成は誠に見事。県民に感動と喜びを与えた」とたたえた。「大学を卒業したばかりの若さでの奪取は実力の証左だ。残るタイトルについても、ぜひ勝ち取ってほしい」と今後の活躍に期待した。
 特別表彰はこれまで、2012年ロンドン、16年リオデジャネイロで2大会連続五輪メダリストに輝いた卓球女子の元日本代表福原愛さんら26人、12団体が受賞。文化系では、共に直木賞作家の熊谷達也、恩田陸両氏に続き3人目。


関連ページ: 宮城 社会

2020年08月17日月曜日


先頭に戻る