宮城のニュース

<マイナビ仙台>千葉に追い付かれドロー

 サッカー女子、なでしこリーグのマイナビベガルタ仙台レディース(仙台)は16日、宮城県利府町の県サッカー場でリーグ戦第5節の千葉戦に臨み、1−1と2戦連続の引き分けで今季初勝利を逃した。通算成績は2分け3敗で、順位は最下位と変わらず。
 仙台は前半43分、GK斉藤のロングボールを起点に、最後はゴール前のこぼれ球をMF安本が押し込んで先制。だが、後半17分に自陣ゴール前でのクリアミスを決められ追い付かれた。
 辛島監督は「先制点が取れたのは良かったが、後半押され気味になってしまった。ゴール付近での精度が足りず、追加点を奪えなかった」と振り返った。
 次節は23日、石巻市の石巻総合運動公園石巻フットボール場で2位のC大阪堺と対戦する。

マイナビ仙台(2) 1/1―0/1 千葉(5)
            0―1
▽得点者【マ】安本【千】成宮


2020年08月17日月曜日


先頭に戻る