宮城のニュース

「最高級」食パン2種発売 仙台・ホシヤマ珈琲店

「生」食パン(右)と「焼」食パン

 仙台市青葉区のアエル内にある「ホシヤマ珈琲(コーヒー)店アエル店」がこのほど、滑らかな口当たりの「生」とトースト専用の「焼(やき)」の2種の食パンの販売を始めた。「最高級」をうたい、良質な国産小麦をはじめ厳選した素材を使用。配合や保水方法など試行錯誤し独自の製法を開発した。
 「生」は角型で、柔らかさやしっとり感を追求。優しい甘さでみずみずしく仕上げた。「焼」は山型で、トーストすると外はサクサクで香ばしく、中はもっちりとした味わいだ。
 運営するホシヤマインターナショナル(仙台市)は居酒屋、カフェ、パン店なども展開する。新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受ける飲食店の雇用維持を図る狙いもあり、同社のパン職人がコーヒーに合う食パンを新たに開発。パン店の調理場が空く深夜や早朝に珈琲店用パンを焼く。
 担当者は「まだ飲食店に行きづらいという人も、家庭でおいしいコーヒーと食パンで心豊かな時間を過ごしてほしい」と話した。
 生は1本(2斤)1296円、焼は1080円で、1人2本まで。数量限定で、売り切れ次第終了。店内メニューでも、「生」「焼」を食べ比べできるセットなどを提供する。
 連絡先はアエル店022(723)8111。青葉区一番町の本店=022(263)5560=でも予約で受け取り可。


関連ページ: 宮城 経済

2020年08月18日火曜日


先頭に戻る