福島のニュース

福島「檜枝岐歌舞伎」上演 村内宿泊客に入場限定

「鎌倉三代記 三浦別れの段」の一場面=18日午後7時25分ごろ、福島県檜枝岐村

 福島県檜枝岐村で約270年以上引き継がれている郷土芸能「檜枝岐歌舞伎」が18日夜、村にある国重要有形文化財「檜枝岐の舞台」で上演された。新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、入場を村内の宿泊客約200人に限定した。
 演目は「鎌倉三代記 三浦別れの段」。歌舞伎を受け継いできた村民による「千葉之家花駒座」の役者が切れのある演技を披露すると、観客の拍手が涼しい夕刻の奥会津に響いた。
 年4回の公演は新型コロナの影響で4月が無観客、5月は中止となった。観客を迎えた今回は入場を例年の3分の1程度に抑え、手指消毒、マスク着用などを呼び掛けた。
 次回9月5日の公演も村内宿泊客に限定し、上演する予定。


関連ページ: 福島 社会 新型コロナ

2020年08月19日水曜日


先頭に戻る