広域のニュース

「女子大生の日」誤って投稿 国立公文書館、官報よりネット情報が頼り?

国立公文書館が16日に投稿したツイート

 東北大の申請に基づいて登録された8月21日の「女子大生の日」について、国立公文書館が16日に「今日は女子大生の日」と誤った情報を会員制交流サイト(SNS)に投稿していたことが分かった。SNSの担当者がインターネットなどで流布している説をうのみにしたとみられる。
 誤った情報は16日午後6時、公文書館のツイッターに投稿された。フェイスブックにも同じ内容が書き込まれた。
 「女子大生の日」は、東北大の前身の東北帝国大が1913年8月21日、日本で初めて女性3人に入学を許可し、氏名が官報に掲載されたことにちなむ。
 ネットなどでは、一部新聞に記事が載った8月16日を許可した日とする説が流布していたため、東北大が今年6月に日本記念日協会に正しい8月21日で申請、7月に登録が認められた。
 国立公文書館は行政文書の保存と管理を担う組織。河北新報社の指摘を受けて投稿の誤りに気付いた。
 総務課は「SNSの担当者が本やインターネットの情報などで16日が女子大生の日と思い込んだようだ。所蔵する官報で正しい日付を確認した。SNSは訂正する」と説明した。


関連ページ: 広域 社会

2020年08月19日水曜日


先頭に戻る