宮城のニュース

バド・高橋引退「松友だから楽しめた」 13年の歩み、互いに感謝

オンライン記者会見で現役引退を表明するバドミントン女子の高橋。奥は松友=19日午後、東京都内(アフロスポーツ/日本ユニシス提供)

 バドミントン女子ダブルスで2016年リオデジャネイロ五輪金メダリストの高橋礼華(あやか)(30)が競技生活に幕を閉じる。共に日本ユニシスに所属する松友美佐紀(28)と宮城・聖ウルスラ学院英智高時代から「タカマツ」ペアで活躍。2人で臨んだ19日の記者会見で高橋は「松友と組んでいたから楽しいと思えたし、いろいろな経験ができた」と、13年を一緒に歩んできた相手に感謝した。

 2人は会見で1時間半にわたり、率直な思いを語った。多くの苦労も「2人だから乗り越えられた」と高橋。1学年後輩の松友は「先輩とじゃなきゃ、ここまで来られなかった」と笑顔で言葉を返した。
 高橋は以前から、東京五輪で現役を終えるつもりだった。新型コロナウイルスの影響で五輪が来年に延期となり、その心はずっと揺れていた。「自粛期間中、気持ちと向き合う時間が多く、(現役続行か)どうしようかと考えた」
 女子ダブルスで30歳は若くない。「もう体を動かしたくなかった」。東京五輪代表選考レースでは苦戦を強いられた。両親に電話をすると「自分の好きにしなさい」と言われ、最後は「自分の気持ちが一番大事だと思って決めた」と言う。
 引退に悔いはない。3月の全英オープン(OP)準々決勝で、世界ランキング1位の中国ペアを倒している。「現役最後かもしれないと思い、(力を)出し切った」と納得の表情だ。
 高校時代の一番の思い出は3年時の全国高校総体(インターハイ)で右足を捻挫し団体戦を欠場、個人戦の出場も危ぶまれた時のこと。わざわざ監督の前で練習して猛アピールし、強行出場した。「あの時試合に出ていなかったら、ここまで来られなかったかもしれない」と振り返る。
 引退会見の日は、金メダルを獲得した4年前の日本時間8月19日とちょうど重なった。「自分たちが金メダルを取った日に話ができるのは本当に幸せ」と感慨深げ。競技を続ける松友には「壁にぶち当たるかもしれないが、松友なら大丈夫」と後押しした。
 今後はジュニア世代の指導や、宮城などで普及活動に携わりたい考え。カフェや食に興味があり「大会で飲食を提供できる場をつくりたい」とも。新たな夢はもう広がっている。


2020年08月20日木曜日


先頭に戻る