広域のニュース

国民、立民と合流新党 東北の議員から賛成意見多数も一部は態度保留

国民民主党の両院議員総会で採決に臨む国会議員=19日午後7時20分ごろ、東京・千代田区のホテル

 19日にあった国民民主党の両院議員総会に出席した東北選出の議員からは合流に賛成する意見が相次ぎながらも、一部は自らの態度を保留するなど対応が分かれた。
 立憲民主党との調整役を担った小沢一郎衆院議員(岩手3区)は、合流が賛成多数で了承されたことに「戦後の憲政上の大きな出来事になった。現政権に国民は不満や批判を抱えている。野党が結集し、国民のための政治を実現しなければならない」と力を込めた。
 既に合流新党入りを決断した小熊慎司衆院議員(比例東北)は「小選挙区制では二大政党がなければ権力は腐敗する。大きな固まりが必要だ」と指摘。玉木雄一郎代表が新党への不参加を表明していることに関しては「意向確認を進める中で一人でも多くの合流を呼び掛けたい」と語った。
 緑川貴士衆院議員(同)は「政策提案型、改革中道の精神は新党に引き継がれるべきだ」と強調した。21日に秋田県連常任幹事会を開き、地方議員や支援者の意見を聞いた上で参加の是非を判断する。「地元も安心して一緒の動きができるよう努力する」と話した。
 田名部匡代参院議員(青森選挙区)は2003年の衆院初当選以来、旧民主党の流れをくむ政党に所属してきた。「党名が変わっても(旧)民主党の思いを大切にして身を置いてきた。解党には寂しさもある」と涙を浮かべた。
 新党への参加については「週末に後援会や地方議員と協議し、それぞれが一致する方向になるよう答えを出したい」と述べた。
 採決の直前に退席した増子輝彦参院議員(福島選挙区)は会員制交流サイト(SNS)で「合流新党は国民民主の理念や政策と一致しない。改革保守中道を担う政治勢力の結集を図るため活動していく」と明らかにした。


関連ページ: 広域 政治・行政

2020年08月20日木曜日


先頭に戻る