岩手のニュース

早朝の雲海、盆地覆う 岩手・遠野

遠野盆地を覆った雲海=21日午前5時ごろ

 遠野市の高清水展望台から21日、遠野盆地を覆う雲海が見られた。午前4時半、朝焼けが北上山地の端から広がると白い雲が徐々に照らし出された。
 展望台は高清水山(797メートル)の山頂直下に位置し、雲海を楽しめるスポットとして知られる。市中心部から車で約20分。盆地との標高差が約500メートルあり、六角牛(ろっこうし)山(1293メートル)や五葉山(1351メートル)などを遠景にダイナミックな眺望を楽しめる。
 市観光協会によると、雲海は9〜11月によく見られ、昼夜の気温差が大きい際の早朝に発生する。21日朝の遠野の最低気温は17.9度、前日の最高気温は32.4度だった。


関連ページ: 岩手 社会

2020年08月21日金曜日


先頭に戻る