福島のニュース

福島で7人陽性 5人は合唱練習参加、クラスター認定 県内感染者は計120人に

 福島県は20日、県内の10〜40代の男女7人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。16日に郡山市青少年会館であった合唱練習に参加した感染者は5人増えて計7人となり、県は県内5例目のクラスター(感染者集団)と認定した。県内の感染者は計120人。
 県と郡山市によると、新たな感染者のうち、いずれも同市の10代女性2人と20代男性、須賀川市の30代男性、相馬市の20代女性の計5人が合唱練習に参加していた。ほかに浪江町の40代男性、会津若松市の20代女性の感染が確認された。
 郡山市の10代女性2人はともに郡山一中の合唱部に所属する生徒。須賀川市の30代男性は郡山市職員、相馬市の20代女性は同市中村二中の教員だという。
 16日の合唱練習を巡っては18日に郡山市の20代男子大学生の陽性が判明し、社会人サークルのメンバーと郡山一中の合唱部員、顧問の計44人が濃厚接触者とされた。練習参加者のうち感染者は、19日に陽性と判明した福島市の20代男子大学生を含めて計7人となる。残りは全員陰性だった。
 浪江町の40代男性は、一般社団法人まちづくりなみえの社員だという。


関連ページ: 福島 社会 新型コロナ

2020年08月21日金曜日


先頭に戻る