宮城のニュース

夏の思い出つくって 南三陸・福興市実行委が花火セット進呈

花火をもらい、笑顔になる子ども

 宮城県南三陸町の南三陸福興市実行委員会は22日、町内の小学6年生以下の子どもに花火セットをプレゼントした。打ち上げ花火を行っていた町内の夏祭りなどが新型コロナウイルスの影響で中止になったことを受け、企画した。
 配布場所の南三陸ポータルセンターと南三陸ハマーレ歌津のかもめ館には家族連れが訪れ、手持ち花火などが入ったセットを受け取った。
 入谷小1年の佐藤遥斗君(7)は「花火が好きなので楽しみ」と喜び、母の真弓さん(39)は「子どもが楽しみにしていた夏祭りが中止になった代わりに、夏の思い出をつくりたい」と話した。
 花火は約950セット用意している。23、24日も午前9時〜午後3時、両会場で配布する。連絡先は実行委員会090(7077)2550。


関連ページ: 宮城 社会

2020年08月23日日曜日


先頭に戻る