岩手のニュース

国民の地方議員、新党合流先送り 岩手県連

 国民民主党岩手県連は22日、盛岡市で常任幹事会を開いた。所属する県議10人ら地方議員が立憲民主党との合流新党に参加するかどうかについては議論を見送った。県連としての対応は9月以降に決める見通し。
 軽石義則幹事長は「党本部から具体的な指示がまだ来ていない」と説明。自身は東北電力労組出身とあって、「原発ゼロ」を方針に掲げる新党への入党について「組織内議員と県連幹事長の役割、両方がある。悩んでいる」と打ち明けた。
 県連代表の小沢一郎衆院議員(岩手3区)ら国会議員3人は新党に参加する見通し。木戸口英司参院議員(岩手選挙区)は「新党が国民から多くの支持をもらって政治を変える力を持つためにも、岩手県連の役割は大きい」と強調した。


関連ページ: 岩手 政治・行政

2020年08月23日日曜日


先頭に戻る