秋田のニュース

五能線などへ新型電気式気動車を導入 JR秋田支社

12月中の運行開始を目指し、五能線などで導入される新型車両(JR東日本提供)

 JR東日本秋田支社は、新型の電気式気動車「GV−E400系」を導入し、青森県田舎館村と秋田県能代市を結ぶ五能線全線や奥羽線、津軽線で12月中にも運行を始める。
 電気式気動車はディーゼルエンジンで発電機を動かして得た電力によって、モーターを回して走行する。新潟支社が管内の羽越線などで2019年8月に導入しており、JR東日本管内では2例目。
 車体はステンレス製で、全長19.5メートル、幅2.8メートル、高さ3.64メートル。外装に日本海の水平線をイメージした青と白のラインを入れたほか、車内の座席の仕切りや天井は、世界遺産・白神山地のブナの木目を基調とした。
 秋田支社管内では、五能線全線(東能代−川部)、奥羽線の秋田−東能代間と弘前−青森間、津軽線の青森−三厩(みんまや)間に計23両を導入する。20年度内に現在運行しているディーゼルエンジンのキハ40系、48系気動車と入れ替える予定。
 支社の担当者は「静かで滑らかな乗り心地が魅力。地域に愛される車両になるよう準備を進めたい」と話した。


関連ページ: 秋田 経済

2020年08月23日日曜日


先頭に戻る