宮城のニュース

村井嘉浩宮城県知事 定例記者会見 8/24

「Go To トラベル」の成果について説明する村井知事

 村井嘉浩宮城県知事の24日の定例記者会見での主なやりとりは以下の通り。

 Q 東北電力女川原発2号機の再稼働を巡り、県主催の住民説明会が19日、全7会場で終了した。
 A 女川、東松島の2会場に参加した。参加者からはいろいろな意見や質問があり、相当程度理解してもらえたと思う。避難計画に関する質問や不安が集中した。いざという時に命を守れるよう対策に力を注いでいきたい。

 Q 政府の観光支援事業「Go To トラベル」が7月22日に開始されてから1カ月が経過した。
 A やって良かったと思う。なければかなり大変な状況になっていた。新規感染者も爆発的ではなく単発的な発生にとどまり、濃厚接触者も追跡できている。感染を抑えながら地域経済を回すことができ、成功だったと思う。

 Q 新型コロナの感染が急速に拡大し、医療体制が逼迫(ひっぱく)する沖縄県を支援するために看護師2人を派遣する。
 A 期間は25日〜9月7日。病院勤務の予定だが、配属先や業務内容は現在調整している。東日本大震災以降、沖縄県からは復旧復興支援として職員を派遣してもらっており、現在も1人いる。恩返しの意味を込め、看護師の派遣を決めた。


2020年08月24日月曜日


先頭に戻る