岩手のニュース

岩手大留学生、香港観光の魅力をオンラインで紹介

画面越しに観光名所などを紹介するトムさん=盛岡市

 岩手県国際交流協会は23日、ビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」を使用して、県内在住の香港人が香港観光の魅力を紹介する交流会をオンラインで開いた。
 県内の11人と、香港出身で岩手大2年の留学生トム・ウォンさん(31)=盛岡市=が参加。トムさんは約1時間、実際に訪れて気に入った観光名所や食べ物などを、資料や写真を交えて画面越しに語った。
 トムさんは夜景が人気のガーデンヒルを紹介し「少し遠いが交通アクセスがいいので訪れてほしい」と勧めた。カレーやミルクティーなどの食べ物も取り上げ、日本とは異なる風味を楽しんでほしいと伝えた。
 参加した山田町の公務員矢後千紘さん(34)は「どれも面白く興味深かった。情勢が落ち着いたらいつか訪れてみたい」と話した。
 協会では定期的に県内在住の外国人を招き、住民との交流会を実施。新型コロナウイルスの影響で、今回初めてオンラインで開催した。


関連ページ: 岩手 社会 新型コロナ

2020年08月24日月曜日


先頭に戻る