福島のニュース

「聞き書き平成の黄門さま」渡部恒三さん(5) 七奉行の一人として/竹下総理誕生目指し奔走

2017年08月29日河北新報朝刊

 元衆院副議長の渡部恒三さん(福島県南会津町生まれ)が23日、亡くなった。会津弁で歯に衣着せず政界を斬る姿は「平成の黄門さま」と称された。2017年に河北新報に掲載された記事から、渡部さんの政治家人生を振り返る=年齢、肩書は当時のまま=。

 ◇

  <渡部恒三さん(85)は1985年2月、竹下登氏率いる自民党内の派閥「創政会」(後の経世会)結成に参加する>

 早稲田大の雄弁会で、代議士になったばかりの竹下さんを呼んで話を聞いたのが付き合いのきっかけだ。竹下さんは「30代で国会議員、40代で大臣、50代で総理大臣を目指す」とその頃から言っていた。

◎派閥結成に激怒
 俺は50歳を過ぎて厚生大臣になったんだが、竹下さんは「恒ちゃん、おめでとう。49歳と16カ月で大臣になったな」と言ってくれてね。そういうことをずっと覚えているんだ。人当たりがいいというか、気配りの人だった。

 <首相退陣後も派閥を率いて政界に大きな影響力を持つ田中角栄氏に、創政会は反旗を翻す格好になる。結成の前日、渡部さんは田中氏を訪ねる>

 けんか別れをするつもりは全くなかったが、角さんは竹下さんを後継者にする気がなかった。影響力を残したかったんだと思う。でも、われわれは兄貴分である竹下さんを総理にしたかった。
 そこで、誰かが角さんにあいさつに行けとなったが、誰も行かない。仕方がないので、1人で事務所に行ったんだ。損な役回りがいつも回ってくるんだな。
 「実はあした、竹下を総理にするために創政会をつくります」と言った途端に「ばかやろうー」だ。建物がぐらぐら揺れるぐらいでかい声だった。「竹下は学生時代からの先輩で、総理にするのが政治哲学です」と頭を下げたんだが、すごいのはそこから。
 「貴様、次の選挙で川島を立ててたたき落としてやる」って言うんだ。川島さんは川島広守さんのこと。会津出身で警察庁警備局長、官房副長官をやって、地元でも信頼抜群だ。立候補されたら俺は落ちる。「選挙区事情をよく知ってんなぁ」って、怒鳴られながら妙に感心したのを覚えている。
 その後も、しょっちゅう目白にお邪魔してね。(創政会結成直後に)脳梗塞で倒れた日も一緒に酒を飲んでいた。その日も(ウイスキーの)オールドパーを飲んでいてね。最後にどんな話をしたか、よく聞かれるんだが、はっきりとは思い出せないんだぁ。

 <現自由党共同代表の小沢一郎氏らとともに竹下派七奉行の一人として誕生に動いた竹下内閣が87年11月に発足する>

◎組閣に驚き 感心
 組閣の時に竹下さんに呼ばれてね。俺は当然「官房長官だ」といそいそ出掛けていったら「恒ちゃん、国対委員長を引き受けてくれ」だ。官房長官は(後の首相の)小渕恵三君にするという。
 思わず「小渕君じゃ務まんねんじゃねぇか」と聞き返した。「みんなそう言うと思って、小沢君を副長官にするから大丈夫だ」と。なるほどなと、うなったよ。


【「聞き書き平成の黄門さま」渡部恒三さん】全10回

(1)73歳で国対委員長に/党の窮地 国民のため受諾
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/202008/20200824_61030.html
(2)26歳で福島県議に/逮捕と恩赦 国政への転機
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/202008/20200824_61031.html
(3)角栄氏と出会う/スケールの大きさ 触れる
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/202008/20200824_61032.html
(4)ロッキード事件/会津の精神で恩義を貫く
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/202008/20200824_61033.html
(6)党の要職から閣僚に/懸案解決へ 相手の顔立て
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/202008/20200825_61014.html
(7)非自民連立政権が発足/自民離党 二大政党目指す
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/202008/20200825_61015.html
(8)歴代最長の副議長/支えてくれた 会津の女性
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/202008/20200825_61016.html
(9)民主党政権誕生/念願達成も残念な結果に
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/202008/20200825_61017.html
(10完)政治家は志を持て/歴史つくる気概 東北から
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/202008/20200825_61021.html


関連ページ: 福島 政治・行政

2020年08月24日月曜日


先頭に戻る