青森のニュース

田んぼアートをウェブで公開 歴代写真ずらり 青森・田舎館

「ローマの休日」(2018年)
「悲母観音と不動明王」(2012年)
「岩木山」(1997年)

 青森県田舎館村は、名物イベント「田んぼアート」の歴代の写真を「田んぼアートオンライン鑑賞ツアー」と銘打ってウェブで公開している。新型コロナウイルスの影響で今年の制作が中止となった代わりに、1993年の第1回以降の全35作品を村ホームページ(HP)から期間限定で閲覧できるようにした。
 政府の緊急事態宣言解除以降、「今年は開催しているのか」といった問い合わせが多く寄せられたのを受けた。村の広報担当者らが撮影した中から見頃のものを選択。デジタルカメラで撮影したものの画質が良くない写真は、フィルムカメラで撮って残っていたネガを高解像度でデータ化した。動画投稿サイト「ユーチューブ」でスライドショーも用意した。
 田んぼアートは映画や絵画をモチーフにしたものなど多彩。2012年の「悲母観音と不動明王」には東日本大震災の犠牲者追悼の願いが込められている。担当者は「今年はオンラインで楽しんでもらい、再開後は村に足を運んでほしい」と話す。公開は10月末まで。


関連ページ: 青森 社会 新型コロナ

2020年08月25日火曜日


先頭に戻る