福島のニュース

渡部恒三氏死去 元衆院副議長「政界の黄門さま」

渡部恒三氏

 元衆院副議長で厚生相や通産相、民主党最高顧問などを歴任した渡部恒三(わたなべ・こうぞう)氏が23日午前2時8分、老衰のため会津若松市の病院で死去した。88歳。福島県南会津町出身。葬儀・告別式は近親者で行う。喪主は長男恒雄(つねお)氏。後日、お別れの会を行う予定。
 福島県議を経て1969年に衆院旧福島2区で初当選し、連続14期。83年に第2次中曽根内閣で厚生相として初入閣し、自治相と通産相を歴任した。
 小渕恵三元首相や橋本龍太郎元首相、小沢一郎氏らと共に自民党竹下派の「七奉行」の一人として地歩を固めた。93年、宮沢内閣不信任決議案に賛成し、自民を離党。非自民の細川連立政権を支える新生党に参加するなど小沢氏と政治行動を共にしたが、97年の新進党解党でたもとを分かった。
 2005年、民主党に入党。ご意見番として存在感を発揮した。自由党から民主に合流した小沢氏に距離を置いた野田佳彦、岡田克也、前原誠司、枝野幸男各氏ら7人を「民主党七奉行」と名付け、反小沢系グループの後ろ盾となった。
 新進時代の1996年に衆院副議長に就き、2003年まで通算7年近く務めた。在任期間は歴代最長。偽メール事件が起きた06年には事態収拾のため、民主党国対委員長に就任した。
 「政界の水戸黄門」を自称し、歯に衣(きぬ)着せぬ「恒三節」と飾らない人柄が愛された。12年の衆院選に出馬せず、政界を引退。佐藤雄平前福島県知事はおい。

<大切な仲間/国民民主党の小沢一郎衆院議員(岩手3区)の話>
 突然の訃報に深い悲しみを覚える。ユーモラスで人間味あふれ、誰からも愛される魅力的な政治家だった。初当選時から同じ東北出身で意気投合した。政権交代も力を合わせて実現した大切な仲間の一人だ。


関連ページ: 福島 政治・行政

2020年08月25日火曜日


先頭に戻る