福島のニュース

福島県が合唱大会開催へ 会場は無観客とし感染防止対策を強化

 福島県合唱連盟は24日、県合唱コンクールを無観客とした上で予定通り29、30日に開くと発表した。郡山市であった合唱練習の参加者から新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生し、開催の可否を再検討していた。

 開催に当たり感染防止策を強化する。ステージ上で互いに間隔を取り、演奏ごとにフロアやピアノを消毒するといった既存の対策に加え、無観客開催、出場団体同士が接触しない一方通行の出演経路の設定などを新たに追加する。
 コンクールは、各種上位大会が中止になったため県独自の大会として郡山市内で実施する。連盟によると参加登録した66団体のうち、クラスターで合唱部員2人が感染した郡山一中など4団体は既に出場を辞退している。


関連ページ: 福島 社会 新型コロナ

2020年08月25日火曜日


先頭に戻る