宮城のニュース

合流新党に「政権取る気概見えぬ」 仙台市長、古巣の野党再編に苦言

郡和子仙台市長

 旧民進党を源流とする立憲民主、国民民主両党が合流新党の結成で基本合意したことに関し、旧民進出身の郡和子仙台市長は25日の定例記者会見で「政権を取りに行く気概がないように見える」と苦言を呈した。
 郡市長は「政治は競い合う勢力があると切磋琢磨(せっさたくま)し、よりよくなるものだが、今回の合流はどういう形になるのか、いまだよく分からない」と指摘。「紆余(うよ)曲折あったと思うが、根本のところで政権を取る気概みたいなものがどうかと見えてしまうのが残念」と述べた。
 気概が見えないと感じる理由は「これ以上はコメントしない」と明かさなかった。衆院議員時代の仲間たちが描く野党再編であり、最後は「国民に期待を抱かせる合流であればいい。頑張ってほしい」とエールを送った。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2020年08月26日水曜日


先頭に戻る