広域のニュース

「枝野内閣を」 小沢氏、政権奪取にエール

立民の枝野代表(中央)、福山幹事長(右)と会談した小沢氏

 「1年以内に総選挙だ。枝野内閣の構想を練ってください」。立憲民主党と国民民主党などが合流新党の結成に基本合意したことを受け、国民の小沢一郎衆院議員(岩手3区)は25日、衆院議員会館で立民の枝野幸男代表と会い、政権奪取に向けてエールを送った。
 立民側が小沢氏ら野党系のベテラン議員に呼び掛けた会談には、福山哲郎幹事長も同席。枝野氏は「(合流新党の内容は)100点ではないかもしれませんが先生に尽力いただいた」と述べ、合流新党の調整役を担った小沢氏に感謝した。
 小沢氏は取材に「野党が大同団結できたことは本当に良かった。『夏には何としても』との思いが天に通じたかな」と話した。国民の玉木雄一郎代表が党内の不参加者を集めて「分党」を目指す動きに対しては「ごく一部だ」と指摘した。


関連ページ: 広域 政治・行政

2020年08月26日水曜日


先頭に戻る