宮城のニュース

宮城県図書館にカフェレストラン コーヒーと四季の景色も楽しんで

宮城県図書館にオープンした「PANORA」

 地元の食材や国内外のコーヒーを楽しめるカフェ&レストラン「PANORA」が26日、宮城県図書館にオープンした。県の事業者募集に唯一手を挙げたイベント企画会社borderact(仙台市)が運営する。
 1階西側の地形広場前の床面積約277平方メートルにテーブル、カウンターなど約70席を配置。木々に囲まれた立地を生かし、ガラス張りの店内から四季の移ろいを楽しめる。
 スペシャリティーコーヒーは月替わりで2種類提供。「アサリと地元野菜の冷製チャウダー」など県産食材を活用した料理を用意する。同社広報担当の中沢大祐さん(44)は「本を持って、ゆっくりと味と景色を楽しんでほしい」と話す。
 新型コロナウイルスの感染を防ぐため、スマートフォンで注文と決済を事前に行うサービスやテークアウトも利用できる。営業時間は午前9時〜午後7時。不定休。連絡先は022(341)8618。


関連ページ: 宮城 経済

2020年08月27日木曜日


先頭に戻る