宮城のニュース

10カ月半ぶり学びやに笑顔 被災の丸森・金山小が復旧

新しく床を張り替えた教室で笑顔を見せる児童ら。新型コロナウイルス感染予防のため、実際には手を合わせない「エアハイタッチ」で喜んだ=26日午前8時35分ごろ、宮城県丸森町の金山小

 昨年10月の台風19号で大きな被害を受けた宮城県丸森町の金山小(児童26人)の復旧工事が完了し、夏休み明け初日の26日、児童たちが約10カ月半ぶりに元の学びやへ登校した。
 教室や体育館の床が張り替えられた。同日の始業式で児童の代表が「新しくなった金山小を大切にし、感謝しながら行事に取り組みたい」と抱負を述べた。
 金山小は、脇を流れる雉子尾川が氾濫し、校舎1階や体育館が浸水した。今年の1学期まで、丸森小の教室を借りて授業を行い、工事が夏休み中に終わった。
 校庭は災害ごみ置き場になったが、昨年中に搬出し、復旧させた。


関連ページ: 宮城 社会

2020年08月27日木曜日


先頭に戻る