宮城のニュース

仙台PS運転差し止め訴訟結審 10月28日判決

 仙台市宮城野区の石炭火力発電所「仙台パワーステーション」(PS、出力11万2000キロワット)の排出ガスで健康被害が生じる恐れがあるなどとして、周辺住民ら124人が運転の差し止めを求めた訴訟は26日、仙台地裁で結審した。判決は10月28日。
 原告団長の尚絅学院大大学院の長谷川公一特任教授は意見陳述で、排出ガスに含まれる微小粒子状物質(PM2.5)などの放出量が増え、施設周辺の早期死亡者が人口10万当たり年2.16人に上るとする推算を紹介した。
 その上で、長谷川特任教授は「早期死亡のリスクにさらされている原告もいる。差し止めは命と健康を守る」と訴えた。
 住民側は書面で、PSの地域への情報公開や説明不足などを批判し「受忍限度を超える権利侵害は明白」と指摘。PS側は、大気汚染防止法の排出基準などを順守しているとし、健康被害を訴える住民側の推算は「客観的信用性が認められない」と反論した。
 訴えで、住民側はPM2.5などの有害物質が大気中に拡散され、半径5キロを中心に40年間で960人が心筋梗塞などで死亡する恐れがあるなどと指摘している。


関連ページ: 宮城 社会

2020年08月27日木曜日


先頭に戻る