岩手のニュース

大谷翔平選手、母校の女子野球部にマシン寄贈 岩手・花巻東高部員「期待に応えたい」

大谷選手から寄贈されたピッチングマシンを囲む女子野球部員

 米大リーグエンゼルスの大谷翔平選手(岩手・花巻東高出)から、今春創部した母校の花巻東高女子硬式野球部に26日、ピッチングマシンが贈られた。
 練習会場の花巻市の花巻球場で披露され、三鬼賢常監督が「大谷翔平に近づけるよう頑張ろう」と呼び掛けた。13人の部員全員がマシンに一礼して、フリー打撃練習に使った。
 マシンは大谷選手が創部記念に贈ったことを示す英語のプレート付き。打撃投手の不足を補い、外野フライの捕球練習にも役立てるという。
 2年の河野瑠生(るい)主将(16)は「すごくうれしい。大谷さんの期待に応えられるよう頑張りたい」と話した。
 女子硬式野球部は、野球をしたい女子高生の受け皿をつくろうと、4月に発足した。OBの菊池雄星投手(米大リーグマリナーズ)もボールを贈るなど支援している。
 新型コロナウイルスの影響で、公式戦は来季からの出場を予定している。


関連ページ: 岩手 社会

2020年08月27日木曜日


先頭に戻る